働き方改革とは?リモートワークが持続可能な人生を切り開く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リモートワーク

生き方の多様化した今、様々な「働き方」の方向性が日本社会でも模索されています。同一意識の強かった日本社会からインターネットの発展により、多様なライフスタイルに触れることで人々の「働き方」にも変化がもたらされました。「働き方」が多様化するにあたり、働く場所を提供する企業としても優秀な人材の確保や働き手の多様性を受け入れるため様々な制度の提供を開始しています。そのうちの一つが「リモートワーク」です。

政府が推進する「働き方改革」、そして「リモートワーク」がどのように機能し、私たちの「働き方」に多様性をもたらせていくのか考えてみましょう。

働き方改革とは?

働き方 日本

働き方改革とは安倍政権の掲げる「一億総活躍社会」の実現を目指す中で根幹を担う部分です。1990年代までの日本社会では人口増加に後押しされた、高度経済成長の中多くの人々が同じような成長モデル・生活スタイルを目指すことが出来ました。しかし人口減少・高齢化の進む日本では旧来型の大量に作って、大量に消費し、みんな同じように少しずつ豊かになっていくような成長モデルでは機能せず、ニーズの多様性に寄り添っていく必要性があります。

一人暮らしの家庭・小さい子供のいる家庭・高齢者の介護が必要な家庭。このような背景の異なる家庭が同じような「働き方」をしていくのは非効率かつ非生産的です。

「働き方改革」とはこのように多様化の進む日本で性別・年齢・場所・状況等に区別されることなく、異なるニーズに対応した「働き方」を政府主導のもと推し進めていくものです。

リモートワークとは?

リモートワーク

リモートワークとはテレワークとも呼ばれますが、インターネットを通じた在宅勤務の総称です。在宅勤務とはいえ、家でする必要はなく「リモート:遠く・離れた」「テレ:遠い・遠距離の」という英語訳からもわかるように、働く場所を固定しない「働き方」です。会社のオフィスに出勤する必要はなく、小さい子供の世話や介護が必要な家庭であれば家で業務を進行すことが可能です。またデザイナーやエンジニア等クリエイティブな職種の方であれば毎日働く場所を変え、刺激を受けながら仕事をすることも可能です。極端なことを言えば毎月国を変えながら働くことも自由に選択できるのです。

このような場所の制約から解放されたリモートワークは政府の「働き方改革」が求める異なるニーズに対応した「働き方」に非常にマッチしたシステムと言えそうです。

リモートワークで持続可能な人生を切り開く!

リモートワーク 人生 切り開く

人生の中で大部分を占める「働く」という時間。この時間が充実したものでなければ人生そのものを納得のいくものにすることは難しいのではないでしょうか?働く事は「自分の人生を生きる事」私は常にそう思っています。そして自分の働き方に納得できた時に私たちの人生はより持続可能でサステナブルなものになっていきます。

業務的に離れた場所(リモート)で作業をする事が難しい場合もあるかもしれません。その場合は人生の優先順位をどこに置くかを考えてみましょう。仕事の内容にこだわるのか?それとも働き方にこだわるのか?という部分です。

今の仕事が大好きだが業務的にリモートワークをするのが難しい場合もあるでしょう。その場合はインターネットを駆使して、遠隔からでも業務進行できる部分がないか?少しずつ変革の糸口を探っていきましょう。

またその自分好きな分野自体をプロモートする立場にポジションを入れ替えて、組織から離れコンサルタントやアドバイザーになることでリモートワーク的な働き方は可能になります。

最後に

リモートワークだけが多様性のある働き方を可能にする選択肢ではありません。これも一つの選択肢と認識しましょう。そして私たちには無数の選択肢があることも事実です。私はこのように新しい働き方やライフスタイルを追求してシェアしていきたいと考えてします。それ自体が私たちの人生をより持続可能でサステナブルなものへと変換していけるからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク