独立業務請負人(IC)の働き方とクラウドソーシングの発展

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
独立、業務、請負人、IC、働き方

あなたは独立業務請負人(IC)という働き方をご存知でしょうか?

通称、インディペンデント・コントラクター(Independent contractor)やフリーエージェント(Free Agent)とも呼ばれ、名前の通り組織に属さずに業務単位の契約を組織と結ぶ働き方です。通常、人を雇ったり・雇われたりはせずにプロジェクト単位の契約を組織と個人で行えるだけのプロフェッショナルなスキル・知識・人脈が求められます。

プロジェクト単位の契約であるため、一定期間は時間や場所に拘束されますが一つの組織に属さないという面では、経済的に非常に独立した生き方です。

現在ではクラウドソーシングの発展により、誰でもフリーランサーとして業務を請け負える時代です。ではこの独立業務請負人とフリーランサーは一体どこが違うのでしょうか? 考えていきましょう。

独立業務請負人(IC)の働き方

独立、業務、請負人、IC、働き方

独立業務請負人とは、契約書または口頭契約書に規定されている条件の下で、他の事業体に商品やサービスを提供する人または企業のことです。従業員とは異なり、独立した業務請負人は雇用主に対して定期的に働くのではなく、必要なときに働き、その間に代理権を持つことができます。独立業務請負人は、通常、フリー・ベースで支払われます。業務請負人はしばしば、自分自身が所有する会社またはフランチャイズを通じて働くか、または会社の傘下を通じて働くことになります。

引用元:en.wikipedia

誰も雇わず、誰にも雇われず、プロジェクト単位で企業と契約を結ぶ働き方。ここまではフリーランサーでも同じ働き方ができそうです。では独立業務請負人(インデイペンデント・コントラクター)とフリーランサーとの線引きは何でしょうか?

それは「働き方」にあります。

インデイペンデント・コントラクターであれば、契約した企業内でそこの社員と一緒にプロジェクトを進行します。契約は業務単位ですが、その企業の一員として他の従業員とともに働くのです。フリーランサーであれば契約した企業先で働くということはまずありません。自宅もしくはコーワーキングスペース等個人で働くのが一般的です。

またインデイペンデント・コントラクターは雇用主にとってみてもメリットが多くあります。必要な時によりプロフェッショナルな人材を雇うことができる上、従業員のような定期的な給料が発生するわけではないのでプロジェクトの品質の向上、そしてコスト面でも利点があるといえます。

クラウドソーシングの発展

独立、業務、請負人、IC、働き方

ランサーズやクラウドワークス等クラウドソーシングの発展により現在では誰もが気軽にフリーランサーとして業務を請け負えます。日本ではまだ馴染みのない働き方ですが、アメリカでは非常に一般的です。統計によるとアメリカの労働人口の25%以上がこのようなフリーランサー的な働き方を選択しています。

自ら自由な働き方を求めて、インディペンデント・コントラクターやフリーランサーになった場合モチベーションは高く、スキルも高い傾向にあります。

しかし環境的な影響や能力不足にによって意図せずにならざるをえなかった場合はこの限りではない為、発注する立場としては相手の能力を見極める姿勢が必要になります。

多様な働き方へ向けて

独立、業務、請負人、IC、働き方

雇用形態の多様化に向けて、この独立業務請負人(インデイペンデント・コントラクター)という働き方はとても参考になります。自由を求めかつスキルの高い人材であれば、非常に相性の合う業務形態です。

生き方の多様化している現在では働き方も多様であるべきです。従来型の右へならへの姿勢ではなく、多様な働き方を知ることであなたの理想の未来を作っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク