IT化とは何か?今さら聞けない具体的なメリットとデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT, IT化

あなたはITの意味をご存知でしょうか?

直訳するとInformation Technologyなので「情報技術」です。ITも情報技術も言葉としてはありふれていていますが、具体的にどのように社会の中で使われているか理解している人はごくわずかです。今回はいまさら聞けない、IT化の具体的なメリットとデメリット、そして持続可能な社会に向けてどう使いこなしていけば良いのか?一緒に考えていきましょう。

IT化とは何か?

「IT」という語は、2000年代に入ってから多用されるようになった用語であり、インターネット、携帯電話、携帯情報端末などや、それらをインフラとした各種のサービスなどといった、情報、特にコンピュータ関連の技術をなんとなく漠然とそれっぽく指す用語として使われている。 ITと呼ばれる技術応用は、大きく二つに分類できる。従来手動で行われていた作業をコンピュータで効率化・発展させたものと、従来なかったサービスがコンピュータの応用によってはじめて可能になったものとである。

通信を含む「ICT」という用語は、今日では、各種情報の収集・加工・通信や、その保管・共有などに不可欠な存在であるなどとされる。特に、ビジネス上の要請・課題をコンピュータの利用で達成することはITソリューション(あるいはICTソリューション)とも呼ばれる。

引用元:wikipedia

IT化とは簡単にいうとInformation(情報)をTechnology(技術)を使って効率化させましょう、ということです。現在ではTechnologyの主流がコンピューターなのでコンピューター主導のような形になっています。しかし仮に新しいテクノロジーが産み出されればコンピューターである必要はありません。

本質はInformation(情報)をTechnology(技術)によって効率的にするということです。

具体的なメリットは?

IT化、メリット

Information(情報)をTechnology(技術)によって効率的すると考えると様々な分野で応用できます。

例えば

店舗案内や会社案内は従来であれば紙媒体が主体で、印刷コストや配送コストがかかっていました。これをPDFなどデジタル化することで配送コストの削減や修正も容易になります。

またホームページを持つことで商品や店の説明を不特定多数の見込み客に一斉に行うことが可能です。

対面販売からインターネットを用いてオンライン販売に移行することで場所を限定しないビジネスも可能になります。

スカイプ等ネット回線を用いた通信技術を使い、遠方の顧客や海外支社との連携も容易になります。

デメリットは?

IT化、デメリット

ひと昔前までは、システムの導入や高速インターネットに莫大なコストがかかっていました。また、使用する人のITの知識・技術不足により機能を使いこなせていないデメリットもあります。

しかし現在ではサービスを提供する側もユーザビリティという「使いやすさ」を日々向上させています。また私たち自身も最新の技術に触れていくことで常に進化しています。

セキュリティさせしっかりとしておけば、IT化によってもたらされる効率性を使わない手はないというのが私の意見です。

持続可能な働き方へ

持続可能、働き方、生き方

私の考える持続可能な生き方の定義は時間的・場所的・経済的に自立することです。IT化によってもたられれる場所を限定しないビジネスや遠方でも気軽にコミュニケーションのとれるシステムは「持続可能な生き方・働き方」には必要不可欠です。IT化の本質を理解し、自分のスタイルに合わせ積極的に応用していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク