ワークライフバランス実現へ!企業の取り組みと持続可能な働き方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワーク ライフ バランス

皆さんは仕事と生活の調和がとれているでしょうか?

おそらく日本の企業で働くほとんどの方がNoと答えるのではないでしょうか。職場ではやるべきことが増える一方、人員は常に不足状態。その上、家庭では子供の世話や教育、さらには老いてゆく両親のことも考えていかねばなりません。

生活していくためのお金はもちろん必要です。それゆえ、仕事を最優先せざるをえない状況になる。お金は子供の教育、親の介護を考える上でも不可欠であり、一生懸命努力して家族のために稼ごうと頑張る。しかし頑張れば頑張るほど家族との関係は疎遠になり何の為に頑張っているのかわからなくなる。

さらにはその家族の為への頑張りが正しい形で家族に伝わっていれば良いのですが、家庭を顧みないような努力は家族との関係をも壊しかねません。

これらの問題を背景に今「ワークライフバランス(仕事と生活の調和)」の実現に向けた取り組みが各企業で行われています。

ワークライフバランスとは?

ワーク ライフ バランス

ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。

引用元:wikipedia

ワークライフバランスとはプロとして期待値以上の仕事をしながらも家庭や地域との関係も良好に保ち相乗効果で充実した生き方を実現しましょう!ということです。

言葉で表すのは非常に簡単ですが、会社員として雇われの身で実現するのは非常に難しそうです。言い換えれば、働く組織の協力や理解なしでは実現不可能ということです。

働く側のメリットが非常に多く感じられますが、組織としてもメリットが多いため近年導入を検討する企業が相次いでいます。

メリット(従業員)

・やりがい・モチベーションの向上

・無駄な残業の軽減

・健康維持

・家庭環境の向上

・スキルアップ

メリット(組織)

・従業員のモチベーション維持・満足度の向上

・優秀な人材の確保

・時間当たりの生産性の向上

・従業員のスキルアップ

・企業イメージの向上

従業員としてのメリットが結果として働く組織のメリットになっていくことがポイントですね(モチベーションの向上やスキルアップなど)。さらにはワークライフバランスの元、働く従業員が活き活きと活躍してくれれば企業イメージの向上にもつながります。

ワークライフバランス実現への取り組み

ワーク ライフ バランス

小さい子供のいる家庭や介護が必要な家庭等、従業員それぞれのワークライフバランスは異なります。それゆえ一概に一つの制度を導入すれば良いというわけではないところがこのワークライフバランス実現の難しいところです。

ただ一つ言えるのは未だかつてない多様な生き方が現代にはあるということです。そして企業としてワークライフバランスを実現するためにはこの多様性を認める組織の構築が不可欠になります。

この「多様性を認める」という点では海外での働き方も非常に参考になります。

海外、特に欧米での働き方は非常にフラットな印象を受けました。専門職の方やチームでプロジクトを進行する場合は一人全体を統括するプロデューサーのような役割の人がいます。あとは上下の区別はなくそれぞれが独立した立場でプロジェクトに関わります。個人事業主の集団が一つのプロジェクトを作り上げるような感覚です。プロデューサーも決して偉いわけでななく、ただ現場をまとめるのが仕事だからそうしているというだけです。

持続可能な働き方とは?

ワーク ライフ バランス

このワークライフバランスが各企業に浸透していけば、日本の労働環境は非常に魅力的な市場になっていくと私は思います。優秀な人材も日本にとどまり海外からも魅力的な人材が入ってくるでしょう。従業員・企業双方のメリットを理解してもらうことがワークライフバランスの広がりには必要です。

組織で働く上では、このワークライフバランスは従業員に「持続可能な働き方」をもたらせてくれるでしょう。

しかし私自身が考える持続可能(サステナブル)な働き方は時間的・場所的・経済的すべての面において独立することです。言い換えれば自分のオリジナルなビジネスを持つということ。そして自分自身でワークとライフのバランスをとる生き方です。

大切なことは、私たちには選択肢があるということを理解する事です。組織に属しながらワークライフバランスの元、持続可能な働き方をしていく事。また自分でオリジナルなビジネスを持ちながら自分自身でワークとライフのバランスをとり持続可能な働き方をしていく事。どちらを選んでも「持続可能な生き方」になります。この選択肢が私たちの生き方をよりサステナブル(持続可能)で余裕のあるものにしてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク