やりたいことがみつかない?今すぐ情報発信を始めるぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分探しの為に世界中を旅して周っても自分は見つからない。

自分が求めるものは自分の外側には無く、内面と向き合うことでしかそれを見つけることはできない。幸せの青い鳥は自分のもっとも近くに存在する。自分自身の心の中だ。

情熱を傾けられるものが自分の中に見つからなくとも、誰もが今までの人生の中でなんらかの経験はしてきたはずだ。自分ではとるに足らないと思っている経験やスキルも人にとっては価値のあるものになる可能性を秘めている。そしてそれを可能にしてくれるのがインターネットを用いた「情報発信」だ。

あなたにとってはとるに足らないものでも人からの評価を受けることで、その価値を認識できる。そしてそれはあなたにとってかけがえの無いものになる。

「情報発信」にはそんな価値を生み出す可能性がある。ぜひ始めよう。

やりたいことがない。ひまは孤独感を増す

何もやることがない時間というものは人間を無気力にさせ、孤独感を感じやすくさせる。孤独感を感じていれば、さらに自信が無くなり人としての魅力をアーピルすることができない。そしてますます孤独になっていく。これでは負のサイクルに入ってしまう。

忙しい日々の中の休日であれば、何もすることが無くても楽しむこともできるだろう。しかし自信を持って心から「これだ!」と思うものがないならば、何かを変えなければならない。

この「やりたいことがない」に対する一つの答えが「情報発信」だ。

これからの情報発信の可能性

今はインターネットの時代だ。個人であってもインターネットの力で経験やノウハウを簡単にシェアすることができる。

ブログやYouTubeを用いれば写真や映像と共に事細かに個人の持つノウハウ、スキル、経験を人と共有することが可能だ。それが人の悩みを解決するものや人に価値を感じさせるものであるならば瞬く間に日本中いや世界中にシェアされる。そしてそんな人の役に立つ情報を共有できる人の周りには人が集まってくる。さらに人の役に立つ情報をシェアすることで個人としてのブランドが確立されていく。

ひと昔前までは企業が莫大な費用をかけておこなっていたブランデイングが今の時代では個人でも行える。これが情報発信の最大の可能性だ。

例えば、自分とってはとるに足らないものでも、人の役に立つ可能性は十分に秘めている。「猫のしつけの仕方」「効率的な筋トレメソッド」「短期間で結果の出るTOEIC勉強法」など分かり易く体系的にまとめることでどんなものにでも価値が生まれる。そして自分自身では「とるに足らない」と思っていたものでも、人に求めら評価されることで好きになっていく。とても良いサイクルが生まれる。

これからの時代は情報発信は必ず役に立つ。どんな分野で生きていこうとも社会の役に立つ情報を共有できる人の周りには人が集まるからだ。

インプット1:アウトプット9を意識する

みんなインプットが大好きだ。しかしインプットは受動的なものでそれだけでは何も生み出さない。自分の中に吸収したものを、自己のフィルターを通して外に出すことで初めて価値が生まれる。本を読むことも琴線に触れるようなアートに出会うことも価値観を変えるような景色を見ることも自分の中にとどめておくだけでは何も生み出さない。インプットにより鍛えられた感性をフィルターにして外に表現することで初めて価値を生み出す。

このアウトプットのプロセスが適切なインプットを察知する能力を高める。アウトプットを前提におくことで、インプット能力は自然と培われる。

情報発信はこのアウトプットの中でもっとも投資対効果の高い表現方法だ。時間・労力という投資はノウハウなどのコンテンツという表現になり、人の役に立つ情報になる可能性を秘めている。

さらにインターネットによる情報発信は何万何千という人たちにリーチできる媒体である。一つのアウトプットを不特定多数の人に瞬時に届けることができることからも投資対効果の高さを理解できるだろう。

どんな人でも共有できる経験というもの必ず持っている。そして誰にでも平等に与えられている時間という資源を情報発信に投資することで人の役に立つ。インプット1、アウトプット9を意識することで、暇な時間など無くなるはずだ。

最後に

「情報発信」と聞くと難しく考えてしまう方もいるかもしれない。しかし「情報発信」とは経験やスキルをまとめて分かり易く伝えること、それだけだ。

情報発信に関しては下記の記事でもまとめている。ぜひ参考にして頂きたい。

書くネタが無いわけがない!情報発信は経験を価値に変える手段。

情報発信の効果的な方法とブログとの決定的な違いを認識しよう

インターネットにおける「情報発信」では時間や場所の垣根を超えて、経験やスキルを世界中の人に届けることができる。そこに個人と企業との境はもはや存在しない。このアドバンテージを感じられるならば、時間と労力を「情報発信」に投資することが未来へのリスクヘッジになる。ぜひ始めよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク