マレーシア人の英語力。移住や現地就職に必要な英語レベルとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアの英語力?

あなたはマレーシアの英語に対してどんなイメージを持っているだろうか?

実際マレーシアの公用語はマレー語だ。しかし1967年まで英語が公用語として用いられていたため、英語は広く使われている。

かつ、多民族国家であるマレーシアでは、マレー系はマレー語・英語、インド系はマレー語・タミル語・英語、中華系はマレー語・中国語・英語を巧みに話す。要は国民の大部分が第二言語や第三言語として英語を話している。よってマレーシア人も英語ネイティブではない。ゆえに同じセカンドランゲージとして英語を学ぶ日本人にとってはコミュニケーションの取りやすい国であると言える。

さらにマレーシア英語には特徴的な発音やアクセントがある。「マングリッシュ」と呼ばれ親しまれているマレーシア英語はマレーシアとイングリッシュをかけあわせた造語だ。

今回はそんなマレーシア英語「マングリッシュ」の紹介と、移住や現地採用に求められる英語力に関して解説していく。

1:マレーシア英語、マングリッシュの魅力!

まずはこの動画を見て欲しい。

マレーシア英語独特のアクセント、イントネーション、抑揚を見事なまでに感じることができる。これがまさにマングリッシュである。フレーズの選び方や間の取り方などマレーシア人の英語の雰囲気をとてもよく表している。

Case3 の「まずい食べ物を食べた時」の表現など思わず吹き出してしまった。今にも隣から聞こえてきそうなフレーズだ。笑

[アイヤ〜 Like that!?  How to eat!?]

フレーズの間や後に「ラ〜」「マ〜」などの間投詞を乱発するのも、特徴的だ。英語だと「Well…」のような表現になる。日本語だと「え〜」や「ええっと」など無意識に出てしまう言葉のようなものだ。

動画の青年は中華系のため、中国語のアクセントが強い。多民族国家であるマレーシアではマレー系はマレー語よりのインド系はタミル語よりのマングリッシュを話すのも面白い部分である。

2:移住に必要な英語力

では最近特に人気の高いマレーシア移住の際に必要な英語力とはどの程度のレベルなのだろうか。生活のシーンに合わせて、英語の使用頻度とレベルを解説していく。

・スーパーでの買い物

ローカルのスーパーでは英語が伝わらないこともある。しかし、英単語を並べれば理解してくれる店員もいるので、欲しいものが見つからない場合は最低限の英単語の知識は必要だろう。

コストコなどの外資系の大手スーパーであれば、英語は問題なく伝わる。

・日系レストラン・ローカルレストラン

日本食のレストランであれば、カタコトの日本語を話す店員もいる。英語も問題なく伝わることが多い。

しかしローカルのレストランでは英語が伝わらないこともある。その場合は写真付きのメニューのあるレストランを利用しよう。料理名だけではどんな料理なのか、どんな味付けなのか、全く想像できない壁に突き当たる。写真があれば最低限の情報(麺類・ご飯系・肉・魚)なのかは確認できる。

私は今でも料理名と実際に出てくるもののイメージが結びつかない。

・銀行

たいていの銀行では問題なく英語でのコミュニケーションが可能だ。お金の送金などはカタコトのコミュニケーションでは不安も残る。しかし日本への送金なども意思の疎通が明確にできれば安心して行える。

・病院

日本人の多く住むマレーシアには日本人を対象にした病院が数多くある。特に駐在員が住むエリアなどはその傾向は顕著だ。

しかし医師はローカルの場合がほとんどのため、英語で状態を説明する必要がある。中には日本への留学経験があり日本語を話す先生もいる。日本語でのコミュニケーションが必要な場合は調べておくことをお勧めする。

・ローカル施設

免許センターや政府系の施設ではマレー語オンリーの場合もある。施設内の標識も全てマレー語だ。そんな時はローカルの知人などに付き添いをお願いしよう。

私は、日本語の免許をマレーシアの免許に書き換えに行った時にローカルの免許センターを訪れた。

なんとかなるだろうと最初は一人で行ったのだが、施設内の表示が全てマレー語だと気がついた。表示を理解できないと、どこに並んで良いのか、さえわからない。あわてて引き返してローカルの同僚に付き添いをお願いした。

3:現地就職に必要な英語力

では次に現地採用に必要な英語力とはどのレベルなのだろうか。これは職種によって異なると言える。それぞれの業務形態にあわせてみていこう。

・営業職

営業職であればコミュニケーションは欠かせない。しかし営業先が日系なのかローカルなのか外資系なのかで求められる英語レベルは大きく異なる。日系であればお客さんも日本人であるためハイレベルな英語力は必要ない。受付で簡単なあいさつを交わし担当の方を呼べる程度の英語力で十分だ。

しかし、ローカル企業や外資系の場合は100%英語で意思の疎通を図る必要がある。自分の言いたいことを英語で表現でき、相手の言っていることを理解出来るレベルは最低限必要だ。

また相手が実際に発した言葉の裏側にある意図を汲み取れるような洞察力も欲しい。

・エンジニア系

社内で開発を担当するような技術者やエンジニア職であれば、社内でコミュニケーションが取れる英語レベルは最低限もっておきたい。専門的な英単語は自ら学ぶことでしか習得はできない。意識して自分の技術領域をカバーできるボキャブラリーを身につけていきたい。

・人事及び経理系

社内でのコミュニケーションが密に求められるポジションであれば、相手の本心を会話の中から読み取れるだけの余裕を持てる英語力をカバーしておきたい。積極的に外部と関わるポジションではないものの、社内でしっかりとした意見や主張ができるだけのレベルを目指そう。

日系企業であれば、日本人の上司や同僚と日本語の会話にかたよってしまう場合もある。ローカル社員と積極的に関係性を構築することで現地の商環境を理解する姿勢が大切だ。

最後に

マレーシアなどの英語ネイティブではない地域での英語学習に懸念を抱く人もまれに見かける。発音や完璧を求めすぎる日本人の悪い癖であるように思う。

第二言語として英語を話す人たちとまともに会話できない人間が、ネイティブスピーカーと話すことは難しい。親日国でもあり第二言語として英語を巧みに操るマレーシアを通じて英語力を高めることは日本人として理にかなっていると私は感じている。

語学の習得には終わりはない。学習をストップした時がその人の最高レベルだ。

日本人であっても意味の解らない日本語や読めない漢字に出会うことは度々ある。そして何歳になったとしても未知の日本語に出会う。これを考えると新しい言語を学ぶには私たちの一生ではとても短すぎるのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク