語彙力をつけるオススメの本「DUO 3.0」英会話の上達を目指す人は必読だ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は英語学習においては徹底的なアウトプットにこだわりを持っている。なぜなら適切なアウトプットをすることが、適切なインプットにつながるからだ。アウトプットなしでは何が必要なのかも見えてこない。アウトプットの過程で自分に足りないもの、必要なものが明確になり上質なインプットへとつながる。

新しい言語を学ぶ人間にとって、最初にぶちあたる壁が語彙力の不足だ。言葉を話そうと思っても単語の意味を知らなければ会話ができない。英会話においても最低限の語彙力がなければアウトプットすらままならないのが現実だ。

この現実を受け止め、語彙力をつけるために私が使ってきたのは「DUO 3.0」という参考書だ。560本の英文の中に現代英語の重要単語1600語と熟語1000個が網羅されている。今回はこの「DUO 3.0」を取り上げていく。

「DUO 3.0」とは

f:id:nau_for2060:20170411011051j:plain

日本の「いろは歌」をヒントに、現代英語の重要単語1600語と重要熟語1000語を
重複なしで560本の英文に凝縮させました。
昔は560本の例文からは560語の重要語しか覚えられなかったものが、
DUOならわずか560英文で標準レベルの単語集1冊分の単語+熟語集1冊分の熟語が完全にマスターできます。

正確には1572語の重要英単語と997語の重要熟語が560本の英文に凝縮されている。

本書の中で記載されている、見出し語2569語にその派生語・関連語2214語を合わせると4783語。これに中学で習う基本英語(I, My, do)や(Win, Play, Trend)などの1500語を合わせると約6000語になる。このレベルの語彙量があれば日常生活におけるコミュニケーションに困ることはない。

例文は全て日常生活に溶け込んだ内容になっているため非常になじみやすい。また選定されている単語も下記の分析・調査のもと総合的に判断し『本当の重要語』が選定されている。

「英語圏で実際に発せられた英文のデータベースの分析」

「英米で出版される英英辞典や語学関連書籍からの情報収集」

「米国の複数の大学教授や講師へのヒアリング調査」

「インターネット上での事例検証」

DUO 3.0 の学習方法

学習方法はいたってシンプルだ。次の[STEP1]から[STEP3] を納得のいくところまで繰り返す。参考までに本書で使われている英文を明記しておく。

英文1

Medical breakthroughs have brought about great benefits for humanity as a whole.
医学の飛躍的発展は人類全体に多大な恩恵をもたらしてきた。

重要単語4語(medical / breakthrough / benefit / humanity )
重要熟語2語(bring about… / … as a whole)

[STEP1]

・560本の見出し英文を、それぞれの単語・熟語の意味を理解しながら和訳する

・基礎用CDを利用して、『日本語から英語』『英語から日本語』の変換が自然にできるようになるまでリスニングを続ける

・日本語での意味をイメージしながら英文の音読を繰り返す。

[STEP2]

・復唱用CDを毎日2回ずつ聞くことを1ヶ月繰り返す

[STEP3]

・STEP2までを一通り終えて余裕が出てきたら、派生語・関連語などを少しずつ覚えていく

語彙力で得られるもの

f:id:nau_for2060:20170411011107j:plain

語彙力が増えることで、分からない単語や表現が会話や文章の中にあったとしても推測することができるようになる。また、語彙力を増やす過程で同意語や反意語を素早く認識する癖がつく。その結果、単語そのものの意味を日本語を介さずに理解できるようになることもメリットだと言える。

英会話においてボキャブラリービルディングは避けては通れない道だ。一つの単語に対する理解が増えることで同意語・反意語・派生語などへの理解も深まる。その結果、あなたの英語での表現力は飛躍的に向上していく。ぜひあなたの体でその変化を感じて欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク